清楚で真面目な文学系女子はとんでもなくマニアックな性癖だった!

いつも部室で本を読んでいる、清楚で真面目そうな女の子。この女の子は文学サークルの後輩で、何を考えているのか全くわからない、そんなミステリアスな雰囲気の女の子でした。主人公と部室で二人きりになることが多く、いつからかとても気になる存在となり「もっと仲良くなりたい」と思うように……。

ある日、その女の子から飲み(食事)に誘われた主人公は、緊張した空気の中で唐突なカミングアウトをされてしまいます。なんとそれは、「耳フェチなので、先輩の耳を舐めたい」という衝撃的なものだったのです!


動画の場所:↑画像からリンク先へ行き、
「外部プレーヤーを開きます」をクリック